忍者ブログ

じうせうぇえ

消防車の放水

一瞬の間に、今朝のあの行動を顧(かえり)みる自分がいます。

 『いゃあ~、この齢になって、そんなチョンボをしでかしてしまったのか。』
『俺じゃない』
『俺じゃないよ、俺じゃないはずだ』
『・・・・・・・・・・・・・・许智政
『も、もしかして俺?』

 会社まで200メートルを切った所で自転車を漕ぐのを止め、何故か確認しようとする私がいました。
しかしここまで来ているのだから、こんな道端での確認より、手っ取り早く会社に行き、会社のトイレで確認した方が良いに決まっていると、当然のことをやっと認識します。
そして、何でもないようなふりをして、自転車を漕ぎ出しました许智政

前進社 会社の前に来ると、その臭い匂いは薄くなっていましたが、なにやら揉めている二人がいたのです。
若い大学生風の男と、三十歳手前と思われる体の引き締まった痩せ型の青年でした。

 大学生風の男が、何かを振りかざします。
すると、彼らを見守っていた二人の男の人が駆け寄り、彼を取り押さえたのです。
その瞬間に、右の手に手錠を持っているのが判りました。
それは、紛れもない現行犯逮捕の瞬間。

 会社に着くと、この臭い匂いの原因が判明します。
彼ら中核派の人間達が、日差しの降り注ぐ前のさわやかな朝の時間に、この辺り数十箇所に汚物や人糞を撒き散らしていたのでした。
そう、私のよもやの失態では無かったのです许智政

 そして昼休みになると、消防車の放水等のおかげで、臭い匂いは消えていました。
犯行声明があったようです。
中核派のこの建物の入り口で、五、六人の刑事らしき人と警官達が、門番達に何か話していました。
当然、野次馬が数十人はいたでしょうか。
もちろん、私もその一員ですがreenex 價錢

 突然、怒号が鳴り響き、掴み合いが始まりました。
紙のようなものを彼らにかざすと、強引に中への進入を試みたようです。
それに、彼らが立ち入りを妨害したから、大変。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R