忍者ブログ

じうせうぇえ

思い出に1度は风の别れ

風は軽く掻か指の間で、消えて时间を过ごすの薄い涼しくて、季節を連れてきて、多情な温度を低くし、暖かくて一輪の花が咲く愿望、耽美ながら分淡い哀調を持って、三月に乱れた影記、盈入衣袂の中の移り香風にゆくはためく。
自分がどこかなければと思い青丝绾出で立ちの女性を輝かせ、布衣にしてリズムは、一種の美しい心に念を歩くと、俗世を発することだろう。一越しに耳を傾けながら帘雨が、カッコウの軽鳴く。数日の間に、草长莺飞で借りて窓の暖かい陽にして、窓の外の花が咲く絮语抒枝叶の新绿展は、1部のあっさりして気持ちを込めて移り香の文字は、そのように開放したが細かく生い立ちピッカリピッカリ三毛溢れ春光ならせて、心は素敵な思いの中は昙りのように揺れだった。苦行の时间を过ごすの跡が、いくつか暖かいを拾い、せチュウンチョンブクドとの縁に串风铃のような記憶は、風が吹いているのが来たときには、その耳に心地よいの、と念を耳にしたのに続き、かすかに潤いをあなたの心の中だった。
陌上花が咲き、拈花示衆のかすかな笑みが浮かんでいる、1部の愛情を伴っている春風暖かい心の底でだった。よく言う爱を挟んで一轮の花が咲くだけの距离があるが、この輪の花がそこで巡回の季节にもそうであり、隔世の烟雨の中にいます。がこぞってが多すぎたとして、私はあの优柔花言叶に耳を傾けて、彼女たちに教えてくれたのは大切にし、にがした美しいばかり散らかってい风にしても、心の片隅に残す记忆が深かった。ほら春風にふいたことがあってもはけたとき、氷の硬い筐体が溶けた細い流れた水が、そうした绵软と優しさ。春の到来で春に芳菲の欢颜もあり、枯れた日だ。时を过ごしたい隽を転々とし、多くのごとし光阴刻まれていて、淡泊と清喜。土・日曜日のいわゆる執着・问责しないでください、待ってるだけがありますから、そこは风の中で、温暖セントラル華美を持てない距离、すべての爱の幸せじゃないです。手が届九龍 補習かない。
ハルヒ花咲分が、都会へまわって、蝶舞豊かで美しい景色です。のんびりとを避けて騒ぎ立てた真昼、静けさの中であなたを见て満点の星明かり振り回されたあの曲がってやせて月を取り上げるのは、彼女はふらふらと落ち込んでい心河だった。一筋の呼びかけて、半消去清風して、やせた文字は、質問して空の果ての半曲げたんと云う倦切り、ドアの前でたばこの枝で暇もない」とした上で、雪に、窓の外の梨花(イファ)すれば、それ瓣瓣リズム花影惑落花飘入窓に、目の下に点々片片のんびりしていて残念である家居清潔公司
夜の闇寂寂で、ひとつ茶、素の香りに氤氲て浮世里の来し方、禅茶ばかりで古筝曲の中に、心に落ち着き、洗濯淋しさに、全身をくるん間に1种の禅意ゆく風、风土で見禅院深く、枯木当日、自分に沿って1歩石段を1回浄化を脱ぎ捨てる中の情殇し、思い出に1度は风の别れだ。省、御隠居卷一音ちくちくとは、古代仏灯の下で菩提树せ清浄な心が帰依しなければ、形になっ青莲池の一輪、仄かに咲いて、自赏自怜だった。煙が広がり、2008 - 9 - 24、千百回の巡回中を待っていたかどうかも、赤ん坊をおんぶではかんの間、では私を記憶するかどうか、視線を合わせることが间でと涙が落ちていた。
时间を軽くうがった板の光阴をほころばせたであろうと、みんながついた幻滅てばらばらになったらしく投げ捨てだった。その思い出の中の彩り豊かされている状態だと、墨色引き立つデッサンの画面の思い出がつぶやくと、穏やかな、詩的で孑茕琴の糸里が深い悠远です。春はぼ、落花変わっていないことが、氤氲风に执着するている缱绻红尘の里媚びたが、私はむしろ、掌の中の恋しい思いですが、最近では溶けすかもて心暖かい、一阕の诗、彼女にきれいに住んでいます。この春、爱で惜しむって嫣然のふたりが、花が咲き淡く行暖かく私が思うように进まないで一世を投げ捨て、月日の中の渋い色かな味を热情に浸っている琴線て行かふNeogen code 9 檸檬魚子精華面膜
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R